ユーカーパックの評判をSNSで調査。トラブルやデメリットを総合評価

ユーカーパックの評判をSNSで調査。トラブルやデメリットはある?

今まで大切に乗ってきた愛車を売るのは、切ない気持ちも伴います。できれば信頼できる会社に任せたいですよね。

本記事では、車の売買を仲介してくれる「ユーカーパック」についてご紹介します。車を売る際に不安に思うことや、心配なことを解消できるよう、すでに「ユーカーパック」を利用した方の口コミも交えてご説明します!

ユーカーパックってどんな会社?店舗数は?

まずはユーカーパックがどのような会社なのかご紹介します。

 

会社名 UcarPAC株式会社
事業 中古車流通事業
公式ホームページ https://ucarpac.com/
店舗数 1000店以上

芸能人のローラさんをイメージキャラクターに採用するなど、大々的に宣伝を行なっている信頼できる会社と言えそうです。
なんといっても店舗数が1000店以上。オークション形式で査定を行う取次形式をとっており、そのオークションに参加する加盟店は5000店舗を超えます。
早く、確実に、納得の値段で取引をしたいと考えている方にはぴったりですね。

実際にユーカーパックを使ったことのある人のリアル口コミと総合評価

では次に、実際にユーカーパックを使ったことがある方のリアルな声をご紹介します。

  1. 買取査定額が安かった・高かった
  2. 取引成立まで思ったよりも時間がかかる…
  3. 査定サイトは申し込み時の勧誘電話が多いが、ユーカーパックは担当1社のみなので取引がスムーズ
  4. サイトや手続きがわかりやすい

いい口コミから悪い口コミまで様々な声が見受けられます。
ユーカーパックの場合、実際に車の状況をチェックするのは担当者1名のみ。そのため、傷や車内の状態などの細かい点も1名の独断で査定されてしまうため、思い当たるフシがある方はなるべくキレイな状態で見てもらった方がいいかもしれませんね。

ユーカーパックでトラブルはある?入札後の入金など

実際に口コミを調べてみて、大きなトラブルは見つけられませんでした。
「安い」「もっと丁寧に査定してほしい」などの声はありましたが、愛車を売り・買いするため仕方ないリクエストかな?と思う程度でした。

「車が売れた際の入金が遅い」という声もありましたが、それはユーカーパックを利用する上でしょうがないことなのかもしれません。
ユーカーパックは、自社で買取を行うのではなく、”車を売るためのオークションを提供する会社”だからです。ユーカーパックが実施するオークションで、中古車販売を行なっている加盟店があなたの車を買ったとします。加盟店からユーカーパックへ入金、ユーカーパックからあなたへ入金するため、タイムラグが生じてしまうのです。
しかし、これは悪いことばかりではありません。オークション制のため、最も高い値をつけた加盟店があなたの愛車を買取ります。値段が釣り上がるため、傷や故障もなく、自分の車に自信のある方ほど、納得のいく価格で売れる可能性が高いのです。

入金までのタイムラグや出品価格の調整などを慎重に検討した上でユーカーパックを利用するのがオススメです。

ユーカーパックの買取の流れを徹底解説!

この章では、ユーカーパックの買取の流れを徹底解説します!まずは簡単な流れからご説明します。

①まずはユーカーパック(https://ucarsatei.com/)にアクセス。
入力フォームから、氏名、連絡先などの個人情報や車の情報を入れて「送信して概算価格をチェック」をクリックしましょう。

 

ユーカーパック

査定に必要な情報

車の情報 あなたの情報
メーカー 氏名
車種 メールアドレス
年式 住所
走行距離  

②申込完了画面が表示されたら、「概算価格をチェック」をクリック。すると、車種と年式から推定されたおおよその概算価格が表示されます。

③数分〜数時間後に、ユーカーパックの査定担当者から連絡が入ります。この後の調整は全てこの担当者とのやりとりになります。ここで査定の方法について説明があります。

査定は最寄りの提携ガソリンスタンドor自宅での訪問査定のいずれかを選択可能です。都合のいい日にちを選択しましょう。いずれの場合でも、査定は1時間程度です。

④査定完了後、ユーカーパックの「マイページ」に査定額が表示されます。この額をもとに、出品をします。

「ユーカーパック」の担当者と「希望の売却価格」と「最低入札価格」を相談し、出品額を決めましょう。あまり高くしすぎてもオファーが入りにくくなるため、その見極めが大切です。

⑤複数の業者があなたの愛車をチェックします。
ユーカーパックは各業者の買取希望入札額をリアルタイムでチェックすることが可能です。

もし希望の売却金額に達しなかった場合は、断ることもできます。さらに希望価格を高くor安く変更し、再度出品することも可能なので、「必ず売りたい!」という方には安心ですね。

⑥納得のいく買取希望入札額を提示した業者があれば、売却を確定させましょう。
その際に必要になるのが、下記の書類です。準備しておくとよりスムーズですよ。

 

ユーカーパック

売却手続きに必要な書類

必要な書類 必要になる可能性があるもの
・自動車車検証(車検証)

・自賠責保険証明書

・譲渡証明書

・印鑑証明

・住民票

・戸籍謄本

・リサイクル券

・自動車納税証明書

⑦ユーカーパックから、「買取業社が代金支払いを完了した」という連絡が入ります。
実際の車両受け渡しは、必ずこの連絡後になるため、入金や受け渡しトラブルが発生しにくくなっています。

前段でも述べましたが、代金のやりとりも全てユーカーパックが間に入って行なってくれているため、タイムラグは発生しますが、その分安心して取引を行うことができるのです。
つまり売却代金のやり取りもユーカーパックが代行してくれますので、安心です。

⑧ユーカーパックで必要書類と車の引き渡しが無事に完了したか確認を行います。
特に問題がないと判断されると、あなたの指定講座に売却代金が入金されます。

以上がユーカーパックの流れです。
全体を通して、売る側も買う側も納得した取引を行えそうなイメージがありました。

次の段落では、売買の流れについてもう少し踏み込んでご説明します。

ユーカーパックはとてもスムーズ。査定は1回でOK

ユーカーパックがスムーズな取引ができる会社であることは、他社と異なる大きなメリットのひとつといえるでしょう。

数多くある仲介業者や車一括査定サイトは、登録後に多くの買取業社から電話連絡がきます。30、40社以上にも登ることはザラにあるのです。
それぞれの業者が車種や走行距離から見積もりを出してくれますが、それを自分一人で行うのはかなりの労力です。その上「A社は御社よりももっと高い値をつけてくれた」など、自分が納得のいく価格で売ろうと交渉しようものなら、平気で丸一日潰れてしまいます。

しかし、先ほどもご紹介した通り、ユーカーパックは査定・オークションへの出品・売買・入金など買取に関する煩わしい手続きを一括で行なってくれます。そのため、連絡の窓口はユーカーパック1社のみなのです。

社会人の方は貴重な休日を車買取業者とのやりとりで無駄にしたくないですよね。より効率的に車を売りたいと考えている方は、ユーカーパックがおすすめです。

ユーカーパックは入札が多い?オークションに参加している会社はなんと5000社以上

煩雑な手続きはユーカーパックを利用すれば解消できることがわかりました。
そこでもうひとつ気になる点は、納得のいく値段で売れるかどうかです。そこでキモになるのが、買取業者の数です。

オークション形式のいいところは価格競争が起こりやすいところです。他社と競い合うことで、価格が釣り上がることも珍しくありません。

ユーカーパックのオークションには、なんと5000社以上もの車買取業者が参加しています。そのため、オファーもきやすく、価格競争も起こりやすい環境といえるでしょう。

その中には、先ほど述べた一括査定サービスを行なっている買取業者も含まれています。自分で交渉することなく、納得の行く価格で売れるのであればいいサービスといえるのではないでしょうか。

ユーカーパックは仲介手数料&査定料が無料ってホント?

車の売買に関する面倒ごとを引き受けてくれるユーカーパック。安心して任せられる!と思っている方も少なくないのではないでしょうか。その反面「高額な手数料が発生したらどうしよう…?」と拭い去れない不安感に苛まれることもあるかもしれませんね。

実はユーカーパックは「完全手数料無料」です。その上、「査定料」もかからないため、無料でサービスを受けることができるのです。

オークション代行業者のように、売れなくても高額な手数料を取ったり、売却代金を中抜きすることはもちろんありません。オファーの状況や各社の希望買取価格は「マイページ」から随時確認できる上に、交渉を成立させるかどうかも担当者が親身になって相談に乗ってくれるため、透明性がバツグンのサービスなのです。

20代で初めて車を乗り換えるから不安、という方にこそぜひ利用して欲しいですね。

ユーカーパックの特徴をまとめてみた!

ではここでユーカーパックの特徴について改めてご紹介します。

  1. 電話1回でOK。ラクラク査定
  2. 入札は2000社以上から
  3. 査定や仲介手数料が完全無料
  4. 入金確認後の引き渡しで安心安全

世の中には多くの車買取業者や買取査定サービスを行なっている会社があります。中でもユーカーパックは、「売買に伴う面倒ごとを全て代行してくれる会社」という大きな特徴があるようです。

あまり車の売却に慣れておらず、自分で交渉する自信も時間もないという方にはうってつけのサービスだといえるでしょう。

ユーカーパックのデメリットも解説

ここまでユーカーパックのメリットを中心にご紹介してきました。しかし、いいことばかりではありません。その裏には必ずデメリットがあります。

ここではユーカーパックのデメリットも包み隠さずご紹介します。

ユーカーパックは価格設定が大事。高すぎると入札が入らない事も…

先ほどご紹介した通り、ユーカーパックはオークション形式をとっています。ユーカーパックの担当者と相談しながら希望売却価格を決められますが、あまり高すぎるとなかなか売れないということも…。

人気のある車種でも、多くの出品がされています。走行距離や年数が同じ程度であれば、より安いほうがオファーがきやすいのはお分かりの通り。
査定後に「マイページ」に表示される希望価格にあまり上乗せし過ぎないのがコツといえるでしょう。
また、ユーカーパックは出品後の希望売却価格の変更がOKです。一度様子を見てみて、あまりにもオファーが来ない場合は、割り切って希望価格を下方修正するのも賢い方法かもしれませんよ。

ユーカーパックは代車が出ない…。納品日に注意

実はユーカーパックには、代車をレンタルできるサービスがありません。そのため、売却後の引き取り日を調整することが必要になってきます。「車が2台になってしまい駐車するスペースがない」「新車が来るまで乗る車がない」といったことになりかねません。

売却が決まった後に、ユーカーパックの担当者さんと引き渡し日についても入念に打ち合わせをすることをオススメします。なるべく、引き渡し日と新しい車の納車日を合わせられるように工夫しましょう。

また、売却→引き取り後に新車を買う場合も注意が必要です。
ユーカーパックの場合、売却から入金までタイムラグがあります。そのため、車が売れたお金を新車の頭金にするのが困難になります。「1ヶ月車がなくてもOK!」という方であれば気にならないかもしれませんが、これはごく少数派でしょう。

代車がないことで生活がぐっと不便にならないよう、気をつけて売買するようにしましょう。

提携ガソリンスタンドは多くても店舗0!ユーカーパックは不安あり?

ユーカーパックでの査定は、提携ガソリンスタンドor訪問のいずれかになります。提携ガソリンスタンドはなんと全国に810店舗。予約やスケジューリングで困ることはないでしょう。

ここで注意したいのが、査定を行うのはユーカーパックの担当者ではないということ。提携ガソリンスタンドの担当者のため、サービスなどについての詳細はあまり知識がありません。

そのため査定時に希望売却価格の相談や引き取り日時の調整など、一括して相談することはできません。入金手続きなどのサービスについての問い合わせも、査定が完了した後に改めて担当者に連絡する必要があります。

訪問買取の場合も、ユーカーパックから業務を委託されている中古買取業者が来るため、詳細な相談は難しいでしょう。

ユーカーパックは店舗がないため、相談は全て電話かメールになります。こまめに連絡して相談することが苦手な方には不向きかもしれませんね。

ユーカーパックはキャンセル時違約金あり。注意して取引すべし

手数料や査定料が無料なユーカーパックにも、実は違約金という落とし穴があります。

 

ユーカーパックの取引で違約金の対象になる事柄 違約金の金額
取引成立後に利用者の都合によって取引が中止となった場合 違約金10万円
所定の期限までに必要書類の引き渡しを行わなかった場合 違約金5万円、以後7日ごとに1万円
所定の期限までに購入者もしくは指定の陸送会社へと車の引き渡しを行なわなかった場合 違約金5万円、以後7日ごとに1万円
落札者に直接連絡をするなど、利用規約違反の程度が著しいと判断される場合 違約金5万円

いずれもとても高額ですね…。
買取業者とユーカーパックとの間で売買が成立しているにも関わらず、売る側が一方的に取引中止、もしくはスムーズに取引を完了できなかった場合には必ず高額な違約金が請求されてしまいます。

この違約金は売る側だけではなく、買う側にも適用されます。ユーカーパックとの売買契約成立後に買わないorスムーズに取引が行えない買取業者にも、高額な違約金が請求されるのです。

これは売る側としては安心ですね。
違約金の対象にならないように気をつけつつ、安全安心な取引を心がけましょう。

コメント

【無料】営業電話なし!
愛車が80万円→100万円で売れた
車の見積はこちら