ハイシャルの評判と口コミ。キャンセル料はかかる?振り込みは?

代金振込トラブル発生の噂は本当?廃車買取ハイシャルは優秀?それとも… 未分類

代金振込トラブル発生の噂は本当?廃車買取ハイシャルは優秀?それとも…

代金振込トラブル発生の噂は本当?廃車買取ハイシャルは優秀?それとも…
廃車や事故車、過走行車などで国内需要が低めである車を、専門的に高く買い取っているのがハイシャルという業者の特徴です。

ただネット上には、ハイシャルに車を買取してもらったけど、代金お振り込みがいつまでたってもされないなんてとんでもない悪評も立っていますが、それは本当なのでしょうか。

反対に、ダメージの激しい車を一定額で買取してもらったという、

こちらの様な好意的ツイートも存在しましたので、今回は当サイトが総力を挙げハイシャルについての評判・口コミなどをリサーチ、廃車買取ハイシャルは優秀なのか否か、真の姿をあぶりだしてみたいと思います。

え?こんなに高く!ハイシャルの良い評判・口コミ

え?こんなに高く!ハイシャルの良い評判・口コミ

まずは、ハイシャルでボロボロの車を高く買い取ってもらえたという、良い評判・口コミを集め、その中でも印象的なものを紹介しておきましょう。

かなり使い込んできたジムニーをガリバーに査定してもらったら、「もう廃車ですね」とゼロ円判定。どうにも諦めきれなかったので散々ネットで情報をかき集めたら、ハイシャルという廃車を高額買取しているお店を発見したので、早速サイトから申込んでみました。簡単なWEB入力と電話でのヒヤリングだけの査定でしたが、なんと6万円もの買取額が出て驚愕しました、あきらめずに粘ってよかったあ~☆

父から譲ってもらったオデッセイを乗っていたのですが、私には大きすぎるしかなり古くなったので、軽自動車に乗り換えたいと中古車へ行ったときの話です。目当ての車を見積りしてもらうと、廃車手数料として1万5千円が追加されていたのを見た付き添いの兄が、「待った!」をかけたので保留して一旦引き上げることに。自宅に戻るや兄はパソコンをいじり始め、かかってきた電話で話始めるとこちらを向いてにんまり。なんでもハイシャルという業者に申し込んだところ、手数料どころか8万2千円で買取してくれるのだとか!こんな業者が合ったなんて目からうろこものです。

ハイシャルに2002年式のRAV4を査定してもらいました。走行距離もかなり長く、運転席側をベッコリぶつけていたので、車体そのものの査定額は5千円でガッカリ。ですが、車検が1年残っていたため自賠責保険と重量税、そして自動車税の還付手続きを代行してくれ、お金をしっかり受けたので満足しています。

話が違う!ハイシャルの悪い評判・口コミ

話が違う!ハイシャルの悪い評判・口コミ

次に、あまり多くはありませんでしたが、ハイシャルは期待外れで全然買取額がつかなかったなど、悪い印象を抱いてしまったユーザーの声も併せて挙げていきます。

ハイシャルは、廃車を高く買取していると言っていたのに、査定に出したミラの買取額はゼロ。車検が切れた後、長いこと庭に放置したままだったので仕方ないかもしれませんが、こんな査定なら高額買取の謳い文句は外すべきではないでしょうか。

ハイシャルに、ボロくて古いハイエースの買取をネットで申し込んだらすぐに電話が来て、18万円で買い取るとのことだったので、喜んで売却意思を伝え電話を切りました。しかし、仕事仲間が「20万で買いたい」というので、キャンセルを申込んだところ「キャンセル料が3万円かかります」と言われビックリ。まだ車も書類も渡してないのにキャンセル料なんて…、腹がたったので損はしましたが、キャンセル料を払って同僚に売りました。

悪い評判の原因?ハイシャルのキャンセル料について

悪い評判の原因?ハイシャルのキャンセル料について

前項で挙げた悪い評判・口コミの中で当サイトが最も気になったのが、ハイシャルへの売却を止めたユーザーから寄せられた、「キャンセル料が高すぎる」という声です。

結論から言えば、ハイシャルの提示した査定額に納得し契約を結んだあと、急に車を手放せない事情ができてキャンセルした場合は、理由に関わらず一律で3万円のキャンセル料が発生します。

問題はキャンセル料が発生するタイミングで、車や必要書類を引き渡す前の段階でも契約を結んでしまったら、キャンセルを支払わなければならないこと。

ハイシャルは、迅速な車体引き取りと代金支払いをモットーとしており、契約後すぐ提携レッカー業者に出動依頼をかけるためですが、このキャンセル料発生タイミングの早さこそ、悪評を生む原因の1つになっていることは否めません。

ハイシャルから振込が無い!原因は自分にあるかも

ハイシャルから振込が無い!原因は自分にあるかも

ハイシャルを運営するのは、大阪に本社を置く(株)ユニオンエタニティという会社であり、2016年創業とまだまだ歴史は浅いながら、全国対応・年中無休で廃車・事故車の「0円以上買取」を保証しています。

2018年1月からは、LINEによる廃車買取査定もスタートさせ、毎日新聞でそれが紹介されたほど、中古車業界で話題になっている新進気鋭の業者です。

そして、以下で示す「廃車後手続きに必要な書類等」をちゃんと提出、車体を引き渡しさえいれば、買取代金が振込されないなんてことはありません。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. リサイクル券
  4. 実印
  5. 印鑑証明書
  6. 身分証明書

このうち、1・2・3についてはほとんどの方が、車のダッシュボードなどにまとめて保管しているはずですし、ドライバーなら当然運転免許を所得しているほか、健康保険証・パスポートでも代用できます。

4・5については、役所で手続きすればすぐに準備可能ですし、委任状や譲渡証明書といった他の必要書類も、引き取り担当者が準備してくれるので、車の引き渡しの際に記入すればOKです。

一般的な買取店で、必要となってくるものと何ら違いはないものの、ハイシャルはネットのみでの買取で店舗での契約・手続きではないため、書類等に不備があると代金入金が長期間にわたり、遅延することも多くなってきますので注意しましょう。

また、入金を希望する口座情報に誤りがある場合も、同様に振り込みされないこともありますが、いずれの場合でもハイシャルから連絡が入り、その指示に従って手続きすれば遅れはしても必ず振込されるので、安心してください。

ちなみに、軽自動車の場合は廃車後手続きが簡略化されているため、4・5を準備する必要がありません。

ハイシャルを利用したい。おすすめの方とそうでない方

ハイシャルを利用したい。おすすめの方とそうでない方

ハイシャルがなぜ廃車同然の車や事故車などといった、訳アリ車を高く買い取れるのか、その利用を考察するとハイシャルがおすすめであるケースが、くっきりと浮き彫りとなります。

ここでは、ハイシャルがどのように全国対応で、車を買取・引き取りするのかについてお話しした後、一般的な買取店とハイシャルを比較しおすすめの方と、おすすめできない方をケース別に振り分けてみたいと思います。

ハイシャルへの車は陸送なのか

ハイシャルへの車は陸送なのか

ハイシャルは、電話・WEB申し込みに対応するオフィスとスタッフがいるだけの買取業者であり、実車査定なしで買取額は電話口で決定、そのまま契約と車・書類引き取りに移行していきます。

そして、実際に車を引き取りに来るのは、ハイシャルと提携する約1,000社に及ぶレッカー・陸送業者であり、書類等のやり取りもその業者と行うことになります。

つまり、ハイシャルへの車引き渡しは必ず「陸送」となりますが、陸送料金も売却後の手続きもすべて無料なので便利かつスピーディーに、廃車寸前の車を現金化することができます。

ハイシャルを利用すべきケース

ハイシャルを利用すべきケース

一般的な買取店は、買取した車をそのまま国内流通に回すか、業者間オークションに出品することで、利益を得ています。

一方のハイシャルは、前述したような訳アリ車を引き取り、

  • 自走可能な車体・・・アジア、南米、アラブ諸国などに海外輸出。
  • 自走不可の車体・・・パーツ取り、鉄資源として転売。

などを行い利益を上げています。

つまり、低年式・過走行気味の車や不人気車、不動車・事故車・水没車などの買取はめっぽう得意で特に、

  • ハイエースやキャラバンなどの商用バン
  • トラック(軽トラを除く)やディーゼル車
  • 大型SUVや4WD

といった、海外でのニーズがある車種は高額買取されることも多いため、他店で査定ゼロ判定された場合はハイシャルで査定を受けてみるべきです。

ハイシャル以外の買取店で売るべきケース

ハイシャル以外の買取店で売るべきケース

一方、新しめの車や低走行車・人気車種などといった、国内市場で高値を付けて販売できる車の買取は苦手なので、一般的な買取店に持ち込んだ方が、高く売れるケースが多いと考えています。

さらに、ハイシャルは電話とWEBだけで買取が完結する利便性がウリですが、実際に車体をチェックすることなく査定額を決め、引き渡し時にやり取りするのは査定額の決定権がない提携業者なので、

  • ボディーの美しさ
  • 内装の清潔感・臭いのなさ
  • エンジンの程度・静粛性

などをアピールすることが困難です。

そのため、普段から愛車のメンテナンスに努め状態に自信があり、買取担当者と直接査定額交渉をしたいケースでは、不向きな買取業者であると言えます。

加えて、古く状態の悪い軽自動車の場合、

  • 海外での需要が少なめ
  • 還付を受けられる車検残があっても重量税自体が安い
  • 自動車税の還付制度がない

などの理由から、いかにハイシャルと言えど買取額を付けられないケースもあります。

また、前述したとおりハイシャルと契約をいったん結んでしまうと、もれなくキャンセル料が発生するため、「売却するかどうか悩んでる」程度のケースでは、ハイシャルを利用しないほうが無難かもしれません。

結局は一括査定を利用したほうが高く売れることが多い!

結局は一括査定を利用したほうが高く売れることが多い!

廃車同然の車や不動車を積極的に買い取りするハイシャルは、便利で利用価値のある買取業者であることは確かですが、同じような流通経路によって利益をあげている廃車専門の買取業者は、世の中にたくさん存在します。

そして中には、ハイシャル以上の規模で全国対応しており、

  • カーセンサー
  • かんたん車査定ガイド
  • グー買取
  • ズバット

などといった、一括査定と提携しているところもあります。

つまり、ハイシャルが出せる買取額と同レベルか、車種・年式・状態によってはそれ以上の買取額を、前述したような一括査定を利用すれば、ゲットできる可能性もあるという訳です。

ですので、0円以上買取を保証しているハイシャルを「最後の切り札」にするのはOKですが、少しでも愛車を高く売りたいならいずれかの一括査定を経由し、他の買取業者や廃車専門店にも査定してもらった方が良いと、当サイトでは考えています。

コメント

【無料】愛車が80万円→100万円で売れた
30秒で20万円もらったと同じこと
車の一括見積はこちら